一橋大学 多言語化

Corporate    Design

Visit

Background


リニューアル前のサイトは、日本語・英語・韓国語・中国語の4ヶ国語に展開されており、そのうち日本語と英語は2カラム、韓国語と中国語はより簡易的な、メインビジュアルとテキストのみで構成されるサイトだった。今回は韓国語と中国語のリニューアルのお話をいただき、英語版を踏襲するようにとの要望があった。
デザインを担当。

Target


大学入学を控える受験生、またその親。一橋大学で働きたい人。

Concept


一橋大学のコンセプトとして、

・キャプテンズ・オブ・インダストリー
・国際的に通用する産業界のリーダーの育成に注力

の2点が大きいところだった。
そのため現状のデザインをただ踏襲するよりも、ローカライズ先の中国と韓国の先端デザインを踏襲する提案をすることがベストであると判断。各国のまとめサイトなどを見てみると、1カラムのレスポンシブサイトが多くを占めていたため、現状のフラットデザイン・ワンカラムレイアウトをご提案。

Garelly


Member


ディレクター 1名、デザイナー 1名、エンジニア 1名

Visit Get in Touch


Life is a never ending learning journey.