ホワイトシステムプラス

LP    Planning,Direction,Design

Visit

Background


株式会社ソシエ・ワールドの美白エステコースのひとつである「ホワイトシステムプラス」の初回体験LPをリニューアル。ディレクションとデザインを担当。
もともとフェイシャルコースの中でも人気が高く、WEBにおける集客戦略の主軸としていく狙いで、リニューアルを実施。特に、日差しが強くなっていく夏季に向けて、拡大する需要を取り込む狙いもあり、このタイミングでリリース。

Target


基本的なターゲット設定は、30代半ばの女性。このコースでは特に「初めてエステを受ける人」もターゲットとして設定している。

Concept


もともと、エステコースで使用する化粧品のリニューアルに伴って考案されたコースであるため、化粧品を訴求している部分が多く、特に「従来からどの程度良くなった化粧品なのか」が謳われていた。
しかし、広告用LPの原点に立ち返ると、初回体験への申し込みに誘導することが目的のため、圧倒的に初見の人が多い。そのため化粧品自体を知らない人が多く、また比較をしても響かない可能性が高い(ちなみに別のコンテンツで化粧品を訴求するページを作成したことがあったが、その際の結果も芳しくなかった)と考えて、訴求ポイントを以下の2つに絞った。

・ソシエのハンドテクニック
・エステそのものが初めての人に最適

ハンドテクニックについては、考案者にヒアリングしたところ、3つの代表的な手技を使用しているコースとのことで、アピールポイントになり得そうだと判断。
また、初心者向けということについては、「マシンを使用せずに手技だけで行うコースであること」「基礎的な施術が豊富に盛り込まれていること」がわかり、こちらも安心感を強調するためにコンテンツとして盛り込んだ。

※エステLPでは、初回体験の流れや、施設の紹介コンテンツなど、複数のLPにまたがって同一の内容を掲載しているコンテンツがある。
これは、運用の効率化をはかるための取り組みで、これらのコンテンツは下記のような特徴を持つため実現可能となっている。

・各コースごとで、内容に変化がないこと → 一元管理可能であり、運用(例:テキスト修正など)の効率化につながる。
・「エステ体験」を説明する上で必要な情報ではあるものの、インセンティブとして感情を強く惹き込むほどのインパクトはないこと → コースごとに見せ方を変える必要性は低い。

以上から、デザインデータ作成の際には、Adobeライブラリ上でパーツとして一元管理し、サーバ上でSSIを使用してソースの一元管理の体制も作っている。

Garelly


Member


デザイナー 1名、エンジニア 1名、エステティシャン 1名、広告運用担当 1名

Achievement


現状は、広告とオーガニック検索で、週次ベースで約700前後のセッションを獲得しており、CVRは1.7%前後で推移している。アフィリエイトの割合が多いため、通常のLPより高めのCVRになるが、それを加味しても上々の数値と言える。
夏季という季節要因も、美白の需要とともに本コースのCVRを押し上げている要因だと思うので、秋以降の数値がどのように変化するかは特に注視していきたい。

Visit Get in Touch


Life is a never ending learning journey.