スタイルアップチャレンジャー

LP    Planning,Direction,Design

Visit

Background


株式会社ソシエ・ワールドのボディエステコースのひとつである「スタイルアップチャレンジャー」の初回体験LPをリニューアル。本コースは、ソシエの全エステコースのなかで最も高い売上シェアを誇り、稼ぎ頭のひとつとなっている。初回リリースから何度かリニューアルを実施しており、

・2回目のリリース → 高いCVRを記録するも、グラフィック表現などのブランディング観点から見直しが入り、リニューアル
・3回目のリリース → 「痩せることそのもの」よりも、「痩せた後に待っている体験」にフォーカスして訴求。具体的には痩せた後に楽しむ様々なファッションスタイルを、豊富な写真とともに掲載し、訴求した。しかし、CVRはふるわず。。。
・4回目の本リリース → アフィリエイト広告も多く出稿している背景もあって、本来の「痩せることそのものの訴求」に戻し、シンプルに激やせを訴求する構成とした。

ディレクションとデザインを担当。

Target


30代前半の女性をターゲットに設定しており、エステコースの中でも、比較的若いセグメントをとっている。

Concept


大きく意識したポイントは、以下の2つ。

・季節による数値の振れをできるだけ減らす
・アフィリエイト広告を意識

【季節による数値の振れをできるだけ減らす】
3回目のリニューアル時には、「着たい服を着こなせる体になる」というファッション性を取り入れたコンセプトで企画したが、どうしても季節によって需要の高まる服が変わるため、季節変動が起きる懸念があった。
そこで、「痩せることそのもの」をストレートに訴求する方向性に切り替え、実績や、エステコースのカスタマイズ性(自分にあったトリートメントを相談できるからこそ、効率よく痩せられる)などを強みとして設計した。

【アフィリエイト広告を意識】
Webの広告戦略として、アフィリエイト広告も一定の割合で契約・出稿している。アフィリエイト広告は、通常のバナー広告などと異なり、訪問しくるユーザーのモチベーションが比較的高い。そのためCVRも高くなる傾向にある。
そのようなモチベーションの高いユーザーに対して、3回目リニューアル時のようなファッションのことを語ってしまうと、かえって回りくどい言い方になり逆効果となってしまっていた。
また、CVRの低いLPはあまりアフィリエイターに好かれない。このことからも、より直接的なアプローチで構成を考えていった。

※エステLPでは、初回体験の流れや、施設の紹介コンテンツなど、複数のLPにまたがって同一の内容を掲載しているコンテンツがある。
これは、運用の効率化をはかるための取り組みで、これらのコンテンツは下記のような特徴を持つため実現可能となっている。

・各コースごとで、内容に変化がないこと → 一元管理可能であり、運用(例:テキスト修正など)の効率化につながる。
・「エステ体験」を説明する上で必要な情報ではあるものの、インセンティブとして感情を強く惹き込むほどのインパクトはないこと → コースごとに見せ方を変える必要性は低い。

以上から、デザインデータ作成の際には、Adobeライブラリ上でパーツとして一元管理し、サーバ上でSSIを使用してソースの一元管理の体制も作っている。

Garelly


Member


デザイナー 1名、エンジニア 1名、エステティシャン 1名、広告運用担当 1名

Achievement


現状は、広告とオーガニック検索で、週次ベースで約2000前後のセッションを獲得しており、CVRは0.6%前後で推移している。2回目リリース時のLPには僅差で及ばないものの、3回目LPでは0.2%前後だったため、改善の成果は出ていると判断できる。
課題は、PCでのCV。現状はほとんどがSPからの流入ということもあり、PCでのCVが伸ばしていく施策を考える必要がある。

Visit Get in Touch


Life is a never ending learning journey.